入庫しました!希少車!1986年 ベンツ 560SL  紺本革シート 紺幌 整備明細書20枚有り(約350万) HDDナビ ETC GPSレーダ- ASK

東京練馬のオープンカー・輸入中古車専門店オズのホームページへようこそ

1986年 希少車!ベンツ 560SL  が入庫しました。デイラー車  左ハンドル AT  車検切れ ホワイト 紺本革シート 紺幌 HDDナビ(CN-HDS955) ETC GPSレーダ-(ユピテルEXP-R180) キ-レス シ-トヒ-タ- ウッドセンタ-コンソ-ル 本当にキッチリと整備されたW107です。記録簿 整備明細書20枚有り(整備代約350万)エアコンシステム(R134)に変換済 走行134.216キロ この車の価値の解る方に是非とも御乗り次頂きたいです、御購入希望の方、お気軽にお問い合わせください。

3代目 R107(1971年-1989年)[編集]

3代目560SL

3代目450SLC 5.0

1971年に登場。シャシーコンポーネンツはミッドサイズのW114から転用され、エンジンはSクラス用のユニットを搭載している。着脱可能なハードトップ/ソフトトップを持つ2シーターのSLのほか、ホイールベースを10インチ(254mm)延長し、4シーター・クーペとしたSLC(C107)[1]が登場している。後者は生産終了となったSクラスクーペ(W111/112)の後継モデルとしての役割も兼ねていた。 R107系は1971年から1989年までの長きに渡って生産され、総生産台数は237,000台に上る。このうち約2/3はアメリカ(主に西海岸)で販売された。これらは先代モデルに比べ大きく、重く、豪華になったことで、SLの頭文字は300SL(W198)時代の「シュポルト・ライヒト」から「スポーツ・ラグジュアリー」に変わったことを意味していた。

1971年4月に350SLが、同年10月には350SLCが生産を開始。なお、アメリカ仕様は発売当初の1972年モデルを350SL/SLCとして販売しているが、450用の4.5リッターエンジンを搭載している(1973年モデルから450SL/SLCに改称)。1973年3月より欧州地域でも450SL/SLCを発売。1974年7月には石油ショックに対応したモデルとして280SL/SLCを前倒しで追加。

1977年9月には高性能版450SLC 5.0を追加している。搭載されるエンジンは450系をベースにストロークを延長した5リッターのユニットでシリーズ最強の240馬力を発生させる。これは同じ馬力ながらも後の500系とは違う専用ブロック(鋳鉄製)である。450SLC 5.0についてはボディにもいくつかの改良が見られ、トランクリッドが軽量タイプに変更されるほか、フロント/リアには大型のスポイラーが装備されている。

1980年には大規模なマイナーチェンジが行なわれ、V8エンジンがW126と同じ新開発の軽量アルミブロック・ユニットに変更された。これに伴い350、450、450 5.0の各V8モデルは380SL/SLCおよび500SL/SLCとなる(M110/直6DOHCエンジンの280系は継続)。同時にATも3速から4速に改良されている(350の欧州仕様はデビュー時より4速AT)。しかしながらSLCは1981年にSクラスクーペ(C126)が登場するとその役目を終え生産を終了。SLCの総生産台数は62,888台であった(うち450SLC 5.0は1,636台、500SLCは1,133台)。残ったSLシリーズ(ロードスター)のうち、アメリカ市場向けのモデルは厳しい排ガス規制に合わせてV8エンジンに改良が施され、排ガスのクリーン化にともない大幅なパワーダウンを余儀なくされる圧縮比の低減(9.0:1→8.3:1※380SL)を行った。

1986年には最後のビッグ・マイナーチェンジを行い、280SLは新しい直6OHCエンジン(M103)の300SLに、380SLはトルクをアップさせた420SL(欧州仕様のみで、米国では560SL)に置き換えられた。エンジンに型式変更がない500SLも出力が向上している。同時に外装はエアスポイラーが付加(オプション)され、アルミホイールが14インチから15インチの新デザイン(通称マンホール型)に改められている。これはパワーアップによりブレーキローター/キャリパーが大型化されたためによる。なお、サスペンション・ジオメトリーの見直しも行なわれ、アームの変更によるトレッドの拡大も行われた。

1989年に後継のR129系へモデルチェンジを果たし、メルセデス・ベンツ最長の18年間に渡る生産にピリオドを打った。その1989年に登場するゲレンデヴァーゲン(Gクラス)(W463)は2017年現在も生産を続け、R107系の記録を超えているが、厳密にはオーストリアのシュタイア・プフの生産車両なので、ダイムラー・ベンツ製の乗用車という観点では未だこの記録は破られていない。最終生産車の500SL(アストラル・シルバー色)はドイツ・シュトゥットガルトのメルセデス・ベンツ・ミュージアムに保管されている。

日本仕様車はウエスタン自動車(現ヤナセ)より輸入され、外装はヨーロッパ仕様の物と同一であるが、1970年代の度重なる排ガス規制によりエンジンはアメリカ仕様と同様に大幅なパワーダウンを余儀なくされた。 初年度の1972年には350SLと350SLCを導入。翌1973年には450SL/450SLCに置き換えられる。1981年の380SEC導入に伴いSLCの販売が終了し、450SLは380SLとなる。そして1986年より380SLに代わり560SLを導入している。なお、560SLはアメリカ、日本、オーストラリアのみで販売され、本国を含む欧州地域では販売されていない。

メルセデス・ベンツ SLクラス(R107)を普段使いする!──連載:粋な絶版名車のススメ | GQ Japan

W107データ

 

関連ページ

  1. 期間限定 特別プライスダウン‼

  2. 7/1よりSummer Campaign スタートします!!

  3. オズチャンネル「入庫情報」アップしました【ポルシェ カイエン GTS】

  4. 新CPスタート!今年の年末はこの車で決まり‼ドラレコ プレゼント特典も!

  5. キャンペーン続投決定!ドライブレコーダー特典でお得にご購入いただけます!

  6. 期間限定 特別プライスダウン‼

  1. 茨城県の方、御成約頂き誠に有難う御座いました! BMW X1 SDRIVE18I…

    2022.10.06

  2. 青森県の方、御成約頂き誠に有難う御座いました!2016年 ベンツ G…

    2022.10.04

  3. 2022秋キャンペーン開催!

    2022.10.02

  4. 入庫しました!2004年 ポルシェ911カブリオ TIPーS ベージュ本革…

    2022.09.25

  5. 下取り車 大放出!2011年 BMW X1 sDrive18i HDDナビTV ETC バッ…

    2022.09.11

  1. スタッフによるコラム 「ASK! OZくん!」スタート‼

  2. コラム 「ASK! OZくん!」File#001 ミニクーパー 幌のスイッチはどこ…